リクルート

私たちと一緒に、ファッション業界で働く仲間を募集しています。


お仕事紹介

アパレル製品の検品

工場で生産した商品を預かり、店頭へ出荷する前に「検品」と言う作業を行います。

検品とは「指示通りのサイズで縫われているか?」「正しい下げ札が付いているか?」「商品に汚れが付いていないか?」「きちんと縫われているか?」など、1点1点確認をするお仕事です。商品に問題が無ければ、キレイに畳み、袋に入れて「検針」を行います。検針とは専用の機械を使って、商品に針などの異物が混入していないかをチェックする作業です。万が一、針のついた商品を最終ユーザーが購入し、着用してしまったら…けがをしてしまうかもしれません。また、最悪の場合は訴訟問題にもなりかねません。検針はとても大切な作業です。

アパレル製品の補修

ボタンが取れてしまった商品やほつれてしまった商品、汚れが付いている商品の補修を行います。

検品で発見された不良品から、お客様が着用して壊れてしまった商品まで取り扱います。布帛やカットソー、ニット商品など、素材も様々です。1点1点扱う商品が違い、不良個所も違う為、その商品に最適なお直し方法を考えて作業を行っています。少し専門知識を必要とする部署ですが、少人数でアットホームな雰囲気で作業を行っています。また、作業を熟せば熟すほど、技術が身につきます。

仕上げプレス

既製服のアイロン掛けを行います。

人体プレス機やホフマンプレス機など、アイテムごとに使う機械を選定しプレス作業を行います。海外生産が増えた昨今ですが、輸送中のシワは避けられません。弊社で最終仕上げプレスを行い、ハンガーにかけた状態で出荷する事によって綺麗な状態で店頭に並べる事が出来ます。同じ商品でもシワシワな商品と綺麗にプレスがかけられた商品では見栄えが全く違います。ベストな状態で店頭に並べ、お客様に購入していただく事が出来ます。毎年、春前になるといろんなブランドのトレンチコートでプレス場が溢れています。いろんなデザインのトレンチコートを見る事が出来るので、ファッションに興味のある方には楽しい職場だと思います。

品質管理

現場の管理をするのが「品質管理」のお仕事です。

どんなに丁寧な仕事をしても納期が間に合わなければ良い仕事とは言えません。逆に早く納品が出来ても、不良品が混入してしまっては意味がありません。お客様の希望の納期で、店頭でクレームにならない商品を出荷出来るように現場の管理をするのが「品質管理」のお仕事です。納期通り、作業が終わる様にスタッフの数を調整したりもします。もし、大量の不良品が発見されてしまったら、いち早く依頼者様に現状を報告し、対応策を考えます。海外では生産中の工場へ出張し、縫製ラインの途中で検品を行う事もあります。商品が完成する前に検品する事によって、生産方法を見直し改善出来るようにアドバイスします。

ファッションクロスフルシマについて

昭和54年に(有)古島プレスセンターとして設立し、平成2年に(株)ファッションクロスフルシマに改称致しました。
早くから中国へ進出し、海外でのノウハウを蓄積。生産地が中国から東南アジアへ広がった事を受け、積極的に東南アジアへ進出してきました。

ファッション業界の裏舞台を支える企業です

生地試験や製品検査、検品、プレス、お直し、商品の保管、物流までトータルでサポートします。様々な国に進出し、生産工場の近くで検品を行う事によって不良品を日本へ輸入する事を防いでいます。取引先は誰もが知っている大手アパレルや大手商社。華やかなファッション業界を裏舞台で支えています!!

市場の変化に伴って柔軟に対応

海外生産が増え、日本製が少なくなってしまいました。そこで、本社ではECビジネスとの取り組みやお直しセンターの設立など、新たな取り組みを始めています。テレビやネットで買い物をする方は荷物が届くのを楽しみに待っているはずです。届いた商品に汚れが付いていたり、傷がついていたらお客様はがっかりします。店頭で販売する商品以上に慎重に検品を行います。また、最近は洋裁を出来る人がとても少なくなってしまいました。「お気に入りの洋服なのにボタンが取れてしまった」「ビーズが取れてしまった」など、着用中に壊してしまった商品のお直し業務も行っています。本社では日本でしか出来ないサービスを行っています。

充実した研修制度

社内で定期的に専門用語の解説や実際の商品を使った検品の研修を行っています。定期的に新卒の採用を行っている為、業界知識のない方も多数入社されます。そんな方の為に、年に数回品質管理のエキスパートが研修を行います。研修は質問がしやすいように、少人数のグループで行います。

  • 社員年代別構成比
  • 社員男女比
  • パート年代別構成比
  • パート男女比